Appleのこれまでの初売り

Appleの正月の初売りは恒例になりつつあるようですが、毎年同じ内容であることはないようです。

簡単にこれまでのAppleの初売りの歴史を振り返りたいと思います。

2013年の初売り

1月2日の朝8時から実店舗にて福袋にあたるLucky Bagといわれるものが販売されていました。

また、正月限定で割引がなされていて、数千円程度の割引があったようです。

2014年の初売り

2013年に引き続き、Lucky Bagの販売が行われましたが、商品の値引きはなくなりました。

割引の代わりに購入商品に応じてApple Storeギフトカードで還元する「実質値引き」が行われたようです。

2015年の初売り

2014年と同じくLucky Bagの販売が行われました。

しかし、この年からは初売りの割引がなくなりました。

その代わりなのか正月限定商品の発売が行われたようです。

2016年の初売り

2016年は初売りはなかったようです。

正月初売りの割引だけでなく、Lucky Bagの販売もなかったようです。

今年は少なくとも公式ページにて何かしらの還元がされることがわかっているので一安心ですね。

2017年の初売り

2017年からはLucky Bagの発売はなくなりました。

しかし、Apple Storeギフトカードによる還元が行われてようで、欲しい商品が決まっている方にとっては一番ありがたい形の還元が行われたようです。

対象商品によってもらえるギフトカードの金額が決まっているようで、最大16,500円のギフトカードがもらえたようです。

20018年の初売り

Apple製品をApple公式ショップかApple公式オンラインショップで対象商品を購入すると、購入商品に応じてApple Storeギフトカードを貰えたそうです。

対象商品はMac miniとiMac proを除くMac、iPad、iPhone、Apple Watchだったようです。

注意点としては全ての商品が対象となるわけではないので、購入予定のものが対象商品なのかを確認するようにしてください。

購入によってもらえるApple Storeギフトカードの金額は3,000円から18,000円と幅が広く、基本的には高額なものになればなるほどもらえる金額は高くなるようです。

2017年に比べるとギフトカードで還元される最大の金額が18,000円に上がったので2019年の還元金額もあがることを祈りましょう。

2019年の初売りの内容

2019年の初売りの内容はまだ公式HPにも情報が載っていませんが、おそらく前年度の形式と同じ形の還元方法になるのではないか、ということです。

管理人としてはノートパソコンを購入予定だったので、基本的に割引がされないApple製品がお得に購入することが出来るのは非常に魅力的ですね。

理想としては前年度より多い20,000円程度の還元がされるとうれしいですが、最低限前年程度の還元があれば十分かなとも思います。

結局何を買うのか

結局何を買うのかはまだ決定はしていません。

しかし、機種としてはMac Book Proの13インチタイプを購入することはほぼ決定しました。

15インチはさすがに持ち運びすることが厳しいと感じましたので…

スペックとしてはこの際なのでCPUはCore i7、メモリは16GB、SSDは512GBを予定しています。

理由としては現在勉強しているプログラミングを本格的に続けていきたいということと、ブログなどの作業も並行して続けていきたいこと、今回購入するパソコンは最低でも3年からできれば5年程度は使い続けたいということです。

最低から3年から5年である理由としては、今現在使っているパソコンをそれぐらい使っているからというのもありますが、最大の理由はネット環境の変化起きると言われているからです。

今回購入する予定だったVAIOを購入しない原因にもなりますが、この件については別記事でお話ししようと思います。

Touch Bar搭載モデルにするか、非搭載モデルにするか

今一番悩んでいるのはTouch Barについて。

2017年モデルまではないほうが良いという評判が強かったですが、2018年モデルでTouch Bar搭載モデルの改良がされたようで、いい評判がちらほらあるようです。

こちらについてはもう少し情報収集をしてから判断しようと思います。